Yuko Fukase at “Märchenism – Musō no Kijutsu”

Yuko Fukase’s works had been exhibited in a group show “Märchenism – Musō no Kijutsu”, curated by Akira Uno, held at Bijutsu Garo(Ikebukuro, Tokyo), closed December 28th. Yuko prepared three pieces of art for this show drawing girls who appeared in world famous fairy tales…, Rotkäppchen, Den Lille Havfrue, Tommelise.

アーティストの深瀬優子さんからご案内をいただき、池袋東武デパートの美術画廊の展示会へ行った。宇野亜喜良氏のキュレーションによるグループ展「メルヘニズム~夢想の記述~」。出品されている作家数が30名をこえていて、質・量ともにとても見ごたえのある展示会だった。深瀬さんの作品は「道草」、「予感」、「憧憬」の3点。絵の中にさりげなく記述されている文字が作品のモチーフを表しているという、オシャレな構成になっていた。道草が「ROTKAPPCHEN(赤ずきん)」、予感が「Den Lille Havfrue(人魚姫)」、憧憬が「Tommelise(親指姫)」といった具合だ。この3作品にかぎらず、深瀬さんの画風が童話の世界とマッチすると感じる人は、ボクだけではないだろう。なお展示会は昨日(12/28)で終了していますのでお間違えのないよう。

michikusa

"Michikusa(道草)" Copyright © Yuko Fukase All Rights Reserved.

yokan

"Yokan(予感)" Copyright © Yuko Fukase All Rights Reserved.

doukei

"Doukei(憧憬)" Copyright © Yuko Fukase All Rights Reserved.





Yoshiko Miyamoto

Yoshiko Miyamoto’s works from her new series “Fall in love”. Different than her past works, these new works have no background designs. Just featuring beautiful women with fascinating eyes, using sweet and soft color tone. I like that. “Women shine bright when they’re in love. I want to draw their beauty comes from within (quated from Yoshio’s facewbook site)”.

『Gift The 5th Exibition/BlueRoses』で出合ったミヤモトヨシコさんの新作。「恋をしましょう」というというテーマで描かれた連作3点。作品の前に立つと、描かれている女性と視線が合ってしまって困った(笑)。あとで拝見したミヤモトさんのfacebookには、『恋をしている女性は輝いて見えます。内面から輝く美しさを描いていきたいです。彼女たちそれぞれの性格やこれまで歩んで来た人生を想像しながら見てください』 という作家コメントが付けられていたので納得。ミヤモトさんのもくろみは成功している。正直どの女性も素晴らしく美しい。

YoshikoMiyamoto-1

photoshop+watercolor
Copyright © Yoshiko Miyamoto All Rights Reserved.

YoshikoMiyamoto-2

photoshop+watercolor
Copyright © Yoshiko Miyamoto All Rights Reserved.

YoshikoMiyamoto-3

photoshop+watercolor
Copyright © Yoshiko Miyamoto All Rights Reserved.





The 5th Exihbition of BlueRoses

Yoshimi OHTANI is exhibiting in a group show titled “Gift The 5th Exibition/BlueRoses” at Gallery CORSO(Tokyo). Don’t miss her awesome new artworks! The show will be held until December 18th(SUN).

神保町のギャラリーCORSOで開催中の 『Gift The 5th Exibition/BlueRoses』に行ってきた。今回で5回目を迎えたBlueRose展。作品は量も質もとても充実していた。この展示会の特徴は “ガールズイラストレーション(女性を描いた作品)だけを集めたグループ展” ということだが、今回はそれに加えて、カレンダーや一筆箋など、企画テーマでもあるGiftにぴったりのプロダクツも販売されていた。これだけの展示会を一週間だけで終わらせてしまうのはもったいない。参加アーティストは、オオタニヨシミ、彩、ミヤモトヨシコ、sioux、タカハシヒロユキ、蛯原あきら、emico、久保田ミホ、CNO、タニグチカズコ、TAMMY、だるま商店、チバサトコ、NICO、Benicco、mamico、宮川雄一。12月18日(日)まで開催中。

Yoshimi OHTANI

Yoshimi OHTANI

Yoshiko Miyamoto

Yoshiko Miyamoto

Hiroyuki Takahashi

Hiroyuki Takahashi

sioux

sioux

sioux

sioux

Satoko Chiba, nico, TAMMY

Left wall: Satoko Chiba, nico / Right wall: TAMMY

Miho Kubota , sioux

Left wall: Miho Kubota / Right wall: sioux





Voices from the world project

After 3.11 Tōhoku earthquake and tsunami, Hideo Saito, Japanese music producer, launched a charity project titled ‘Voices from the world project’. It was a participatory music project and is still open now. From anywhere in the world, you can easily get involved in the project. All you have to do is just sing his awesome new song ‘Voice’ via Skype. He will records your voice and video and will complete the song and release it from iTunes. All the profit would be donated to the Japanese Red Cross to aid the victims. For more detailed information about the project, please click here.

友人の音楽プロデューサー斉藤英夫さんが、3.11東日本大震災直後にたちあげたチャリティープロジェクト 『Voice from the world project』 。震災直後から彼のfacebookウォールに寄せられた世界中からの心温まるコメントを見て、国境を越えた暖かい気持ちをなんとか被災地の方々に届ける方法はないだろうかと考え、このプロジェクトを始めたそうだ。急遽書き下ろしたオリジナル楽曲 『Voice』 には、英語と日本語(ローマ字)の歌詞が用意されている。それをインターネットのSkype経由で世界中の人たちに唄っていただき、楽曲とミュージックビデオを同時に完成させてしまおうというユニークな試みだ。「プロのように唄う必要はありません。心の底から気持ちをこめて唄っていただければ…」ということなので、主旨に賛同するかたであれば誰でも参加可能。このプロジェクトのことをもっと知りたいかたは こちら をご覧ください。歌詞も掲載されています。

YouTube Preview Image





DENKI-MIRAI has been appointed to represent Kazuhiro Kanazawa

Our newest artist, Kazuhiro Kanazawa. He makes tiny figures and objects, such as boy, girl, gramma, lovers, dog, cat, bird, stuffed bear, flower, watering can, sofa, table, umbrella…by pasting up a lot of small pieces of Washi(Japanese paper) and corrugated cardboard…more

立体アーティストの金沢和寛さん。その作品は、阪急百貨店のポスターや中吊り、文芸春秋の書籍表紙、チャイルド本社のカタログ表紙ほか、講談社、集英社、リクルート、オレンジページ、ベネッセなどの雑誌・書籍などに採用されているので、どこかで目にしている方も多いはずだ。 和紙や段ボールをちぎって貼るという独特の手法で、たくさんの温もりある作品を作り上げている。金沢さんの作品をもっとご覧になりたいかたは こちら (英文)へ。

Kazuhiro Kanazawa

Copyright © Kazuhiro Kanazawa All Rights Reserved.





Tsutaya Kiichi

A secondhand book of “Watashi no Kiichi” at Koganecho Artbook Bazaar. Tsutaya Kiichi(1914-2005) was a prominent artist of postwar nurie(coloring picture) boom. Girls he drew were endowed with Japanese loveliness of that time. Retro…, but fresh.

先日、黄金町アートブックバザールで出合った蔦谷喜一の古本、『わたしのきいち/ぬりえ作家、蔦谷喜一の世界 (1997年初版、小学館)』。戦後日本の”ぬりえブーム”の立役者である蔦谷の描いた絵は、いま見ても十分に可愛いと思う。むしろこのレトロさが、逆に新鮮だ。

kiichi

Watashi no Kiichi

Koganecho Artbook Bazaar

Koganecho Artbook Bazaar





DENKI-MIRAI has been appointed to represent MICHAEL POWER

We’d like to introduce our newest artist, MICHAEL POWER. A Japanese female illustrator born in Wakayama prefecture in 1982. After graduated from Marronnier College of Fashion Design(Osaka) she worked for an apparel company, and in 2007 she started her career of freelance illustrator. …more

MICHAEL POWERさんは、世界遺産登録の熊野古道などがある和歌山県在住のイラストレーター。下の絵のタイトルはwakauraというが、その意味をたずねたところ、『和歌浦と書くんですが、和歌山市の景勝地でして、片男波(かたおなみ)という海岸を望む観光名所のひとつです』 と教えてくれた。日本の心の伝承地に生まれ育ったMICHAEL POWER。彼女が描き出すコンテンポラリー・イラストレーションに期待したい。MICHAEL POWERの作品をもっとご覧になりたいかたは こちら (英文)へ。

wakaura

Copyright © MICHAEL POWER All Rights Reserved.





Naoko Nomura

Naoko Nomura, graduator of painting depertment of Musashino Art University. She is a versatile freelance artist who creates illustrations, paintings, art objects, dolls, costume, stage design, picture books, etc. Her work titled “La Fête”(see below), a lovely pink colored work, is now on display in a group show “Shōjo Gensō – Syōjo o meguru gensō” at SPAN ART GALLERY(Ginza, Tokyo). The show will be held until December 10, Saturday this week.

野村直子さん。先日このブログでご紹介した深瀬優子さんと同じく、スパンアートギャラリー(銀座)のグループ展 『少女幻想 -少女を巡る幻想-』で、その素晴らしい作品に会った。以下にご紹介する2枚の画像のうち、『La Fête(ラ・フェット)』のほうは実際に出展されている作品だ。とにかくピンクの色あいがものすごくキレイ。少し変な言い方かもしれないが、私には、日本人の作家さんが出した色とは思えなかった。その下の写真は、野村さんの別の側面である人形作家としての作品。すでにコレクターのかたに売却済みだそうだが、ご自身がとても気に入っている人形とのこと。人形の表情やポーズから感じさせる可愛らしさは勿論のこと、その衣装が素敵だ。ちなみに野村さんはこれらのほかにイラストレーション、オブジェ、衣装、舞台美術、絵本などの制作もやっていらっしゃる多才なアーティストだ。スパンアートギャラリーの 『少女幻想』は12月10日まで開催されているので、深瀬優子さんの作品ともども、ご興味あるかたは是非足を運んで実物をご覧になってみてください。

Naoko Nomura

『La Fête(ラ・フェット)』 2010 / Stone powder clay and acrylic gouache on panel / 318x410mm
Copyright © Naoko Nomura All Rights Reserved.

CA390640

Copyright © Naoko Nomura All Rights Reserved.





Nicoletta Ceccoli

Nicoletta Ceccoli. Pop surrealist painter and an award winning children’s book illustrator, lives in Republic of San Marino, the fifth smallest country in the world. Several years ago, I first met her awesome art that was printed on iPhone skin (GelaSkins), and then became a big fan of her art. I like gentle light and shadow, and sepia like colors that appear in her art. I wish one day I could help her to introduce her work into Japanese art market.

ニコレッタ・チェッコリ。イタリア半島の中部に位置する、世界で5番目に小さな国”サンマリノ共和国”のアーティスト。オリジナル作品にはシュールなものが多いが、多数手がけている子供向け絵本の挿絵ではシュールさを控えた作品を提供している。このポストには、オリジナル作品の中からシュール色の薄いものを選んでみた。やわらかい光と影の感じ、そしてセピア風の色使いが好きだ。ちなみに、最初に彼女の作品に出会ったのは数年前、ジェラスキンズのiPhoneシールのデザイン。ひと目見て気に入った。今年に入って何度かメールのやり取りをさせていただいているが、とても丁寧な方だ。いつか彼女の作品を日本に紹介してみたい。

Nicoletta Ceccoli

"sheryl"
Copyright © Nicoletta Ceccoli All Rights Reserved.

Nicoletta Ceccoli

"catgirl"
Copyright © Nicoletta Ceccoli All Rights Reserved.

Nicoletta Ceccoli

"tower"
Copyright © Nicoletta Ceccoli All Rights Reserved.

Nicoletta Ceccoli

"fishingroom"
Copyright © Nicoletta Ceccoli All Rights Reserved.





Chizuru Masumura

Chizuru Masumura, born in Yamaguchi prefecture in 1972, lives in Osaka. Her work is described as “amazing realistic…” because of the photo-realistic oil paintings. Especially, realistic depictions of human skin are often found in her works. Her exhibition will be held at neutron-Tokyo (Gaienmae, Tokyo), until December 11. *Chizuru Masumura is a contract artist of neutron. For any inquiries regarding her artworks, please contact neutron.

ニュートロン東京で開催されている益村千鶴さんの個展 「SOMEDAY」。12/11(日)まで開催中。”驚愕の写実絵画”と言われるだけあってさすがにどの作品にも力があった。写真作品と油画作品が同時に展示されていても、トーンが統一されているのでその境界はまったく感じさせない。当たり前だがすべてが益村千鶴の世界。個人的には、ポラロイドで撮影したぐらいの大きさの写真をレトロ風味に加工してオシャレに額装してあった作品群と、吹き抜けの壁に掛けられていた”Lasting song”が気に入った。特に100号サイズの油画”Lasting song”は、その大きさからくる存在感もさることながら、作品自体が放つパワーに負けた。思わず言葉を忘れて見入ってしまう存在感。※益村千鶴さんはneutronの契約作家です。絵画作品についてのお問い合わせはneutronまで。

Someday

"Someday" 2011 / 380×455mm(F8) / Oil on board
Copyright © Chizuru Masumura All Rights Reserved.

Lasting song

"Lasting song" 2008 / 1303×1620mm(F100) / oil on canvas
Copyright © Chizuru Masumura All Rights Reserved.

CARPE DIEM

"CARPE DIEM" Small collections of photography works.
Copyright © Chizuru Masumura All Rights Reserved.