Chizuru Masumura

Chizuru Masumura, born in Yamaguchi prefecture in 1972, lives in Osaka. Her work is described as “amazing realistic…” because of the photo-realistic oil paintings. Especially, realistic depictions of human skin are often found in her works. Her exhibition will be held at neutron-Tokyo (Gaienmae, Tokyo), until December 11. *Chizuru Masumura is a contract artist of neutron. For any inquiries regarding her artworks, please contact neutron.

ニュートロン東京で開催されている益村千鶴さんの個展 「SOMEDAY」。12/11(日)まで開催中。”驚愕の写実絵画”と言われるだけあってさすがにどの作品にも力があった。写真作品と油画作品が同時に展示されていても、トーンが統一されているのでその境界はまったく感じさせない。当たり前だがすべてが益村千鶴の世界。個人的には、ポラロイドで撮影したぐらいの大きさの写真をレトロ風味に加工してオシャレに額装してあった作品群と、吹き抜けの壁に掛けられていた”Lasting song”が気に入った。特に100号サイズの油画”Lasting song”は、その大きさからくる存在感もさることながら、作品自体が放つパワーに負けた。思わず言葉を忘れて見入ってしまう存在感。※益村千鶴さんはneutronの契約作家です。絵画作品についてのお問い合わせはneutronまで。

Someday

"Someday" 2011 / 380×455mm(F8) / Oil on board
Copyright © Chizuru Masumura All Rights Reserved.

Lasting song

"Lasting song" 2008 / 1303×1620mm(F100) / oil on canvas
Copyright © Chizuru Masumura All Rights Reserved.

CARPE DIEM

"CARPE DIEM" Small collections of photography works.
Copyright © Chizuru Masumura All Rights Reserved.





Yuko Fukase

Yuko Fukase. I met her art at group show titled “Shōjo Gensō – Syōjo o meguru gensō”, held at SPAN ART GALLERY (Tokyo, Japan). Narrative and fantastic art!  I felt, quiet facial expression of the children that appear in her work suggest us, if anything, great sensibility hidden in their mind. I liked that!

深瀬優子さん。スパンアートギャラリー(銀座)のグループ展 『少女幻想 -少女を巡る幻想-(12/10まで開催中)』に行ったとき、初めて直に作品を拝見して深く印象に残った。私の好きなNicoletta CeccoliやMark Rydenなどに共通する”何かを語りかけてくる” 幻想的な世界があったから。彼女の絵にはいつも静かな表情の子供たちが登場するが、無表情とも言えるその顔立ちが逆に、子供たちの内面に潜む豊かな感受性を暗示しているように思う。その雰囲気が好きだ。※ここにご紹介している画像は、深瀬さんの許可を得てホームページから転用させていただきました。

SailorFukuToOtsukiSama

"セーラー服とお月さま" Copyright © Yuko Fukase All Rights Reserved.

MayoiMoriUsagiKutsuTen

"迷い森兎靴店" Copyright © Yuko Fukase All Rights Reserved.

SweetTime

"Sweet Time" Copyright © Yuko Fukase All Rights Reserved.





Yumiko Matsuura

Yumiko Matsuura, Japanese figure artist. She has worked with many Japanese major companies so far, such as Mikihouse, Gakken, Benesse, UP INC, Froebel-kan, Mitsukoshi, Isetan. Though, in general, she is known for creating colorful, sophisticated and friendly human figures, she also creates unique non-human figures. I like them. See pictures below.

最近、偶然だが、立体系の素晴らしいアーティストとの出会いが続いた。この方もそのひとり。立体イラストレーターの松浦由美子さん。ミキハウス子育て総研、学研、ベネッセ、アップ教育企画(進学館)、フレーベル館、三越、伊勢丹などなどメジャーなお仕事を沢山されている。知らぬ間に彼女の作品をご覧になっているかたも多いはずだ。”カラフルで、オシャレで、親しみやすい人物系フィギュア”という印象のアーティストだが、それは別の機会にご紹介するとして、今回はあえて人物系以外を紹介させていただきました。実は人物系以外の作品に、妙に心に残るユニークなものが多いことを発見したので。

gall_kiss_01

『やどり木の下で』 Copyright © Yumiko Matsuura All Rights Reserved.

gall_hana_01

『ハナナガ家の散歩』 Copyright © Yumiko Matsuura All Rights Reserved.

gall_fish_01

『Sky fishing』 Copyright © Yumiko Matsuura All Rights Reserved.

gall_pre_01

『Ooops!』 Copyright © Yumiko Matsuura All Rights Reserved.





Alchemy Gothic is now on App store!

GignoSystem Japan, Inc., Japanese mobile content provider, has introduced a new App “Skulls Of Alchemy” for iPhone, iPod touch, and iPad. Available worldwide(excluding USA and Canada).

Alchemy Gothic is a world famous British brand, known for a wide range of fantasy and gothic products. This App includes their awesome art works in a collection of 30 illustrations, and allows saving the image to your album for use as a wallpaper.

*Alchemy Gothic is represented in licensing in Japan by DENKI-MIRAI.

*Who is Alchemy Gothic?
The brand name of Alchemy Gothic is, without doubt, the World’s most established and comprehensive, famously recognised and sought after in the hugely and consistently popular niche market of fantasy and gothic mythology. There is no branded competition…
Established in England over 30 years ago, (1977), against the backdrop of rock, metal, punk and goth music, bikers and alternative fashion, fantasy role-play games, medieval and renaissance fairs, historical-fantasy & occult novels, comics and movies and a quenchless fascination with the supernatural and traditional horror.
Universally popular with a large proportion of 12 – 30 year olds and a lifetime dedication to a huge audience of fans and alternative lifestyle advocates.





アルケミーゴシックのiPhoneアプリ配信開始!

ジグノシステムジャパン株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役:沼尻 一彦)は、iPhoneアプリ “アルケミー・スカル”の販売を世界市場(米国及びカナダを除く)に向けて開始しました。

アルケミーゴシックは、アルケミーカルタ社が世界中に展開するゴシックブランドの総称です。アルケミーカルタ社のプロダクツは日本でもすでに多数販売されていて、ゴシックブランドとしての確固たるポジションを獲得していますが、彼らがプロダクツの製作・販売と並行して多数のゴシックアートを制作しつづけていることは意外と知られていません。代名詞ともいえる「スカル」をモチーフにした作品を中心に600点以上におよび、さらに増えつづけています。本アプリは、そのゴシックアートから選りすぐりのスカル画を30枚収録。気に入ったスカル画を本体のカメラロールに簡単な操作で保存することができます。

※株式会社電気未来社はアルケミーカルタ社のアート作品に関する日本地区総代理店です。

JPN_Alchemy

※アルケミーカルタ社とは
1977年に設立された英国の老舗。「アルケミーゴシック1977」、「UL13アルケミー」、「UL17アルケミー」など、複数のブランドを展開中。オリジナルプロダクツは多岐にわたり、アクセサリー(ペンダント、ネックレス、リング、ウォッチ、イヤリング、ブレスレット)、テーブルウェア(グラス、コースター、ゴブレット、フラスク、エッグカップ、ナイフ、フォーク、プレート)、その他(ハンドミラー、スタンドミラー、ライターケース、カフス、ボタン、バックル、ハンドバッグ、ウォレット、蜀台)など多数。また、セックス・ピストルズ、モーターヘッド、ディープ・パープル、ホワイトスネイク、アイアンメイデン、ザ・ローリング・ストーンズ、ガンズ・アンド・ローゼズ、メタリカ、リンキン・パークなど、世界的な有名バンドのオフィシャル・マーチャンダイズを多数手がけてきたことでも知られています。

※アルケミーゴシックのポートフォリオ及びバイオグラフィーはこちら でご覧になれます。

※アルケミーゴシックのライセンシングに関するお問い合わせ
株式会社電気未来社
担当:中神紀之
Email: info@denkimirai.co.jp
TEL 03-3403-5260、FAX 03-3403-5261





“Menpe6” group show of two Japanese artists, Yukinori Dehara and Nampei Kaneko

Group show “Mempe 6” has started today at gallery SUNDAY ISSUE(Shibuya, Tokyo). Mempe, short for Tokyo Men’s Painter Society, is a name of art unit consists of Yukinori Dehara and Nampei Kaneko. This is their 6th group exhibition after an interval of three years since previous “Mempe 5(2008)”. You can see around 40 awesome new paintings they prepared for this exhibition. The show will be held until December 4th(SUN). For further information about Yukinori Dehara, please visit HERE.

デハラユキノリと金子ナンペイ、この二人のからなるユニット”メンペ(Tokyo Men’s Painter Society)”の、 『メンペ展6/WE HAVE NO CHOICE』が本日から始まった。前回の『メンペ展5』からほぼ3年ぶりだ。今回のために合宿までして描き下ろした40点あまりの新作に囲まれると、アートの持つエネルギーが身体の中まで伝わってきた。デハラユキノリの、フィギュアアーティストとは違った才能を見ることができるのも面白い。場所は渋谷児童会館(現在休館中)近くのSUNDAY ISSUE。今回初めておじゃましたギャラリーだが、ラウンジバー、ギャラリー、ブックコーナー(古本販売)という3つの顔を持つオシャレな空間だった。しかも音響設備が抜群で、ブックコーナーで聴いたタイトな低音には久しぶりにやられたなという感じ。会期は12月4日(日)まで。デハラユキノリの作品をもっとご覧になりたいかたは こちら (英文)へ。

MENPE

MENPE VI

we have no choice but to wank(paint)

メンペ展6 "we have no choice but to wank(paint)"

we have no choice but to wank(paint)

メンペ展6 "we have no choice but to wank(paint)"

Ewan McGregor by Yukinori Dehara

Ewan McGregor by Yukinori Dehara





Maki Takemoto

Maki Takemoto’s work in “Showcase Gallery”, a showcase for placing art, at ART FORUM AZAMINO(Yokohama, Japan).

先日『長者町アートプラネット』に行ったときにお会いした竹本真紀さんの作品が、横浜市民ギャラリーあざみ野(横浜)に展示されていた。これは”ショーケースギャラリー”というものだそうで、『ショーケースという小空間を使って、若手作家を中心としたアーティストの小品や、横浜市所蔵カメラ・写真コレクションを紹介しています』とのこと。竹本さんの作品は、私には箱庭のように見えて、子供のころを思い出させてくれました。

Maki Takemoto

Maki Takemoto





Junichi Nakahara exhibition will be held at Yayoi Museum(Bunkyō-ku, Tokyo)

Junichi Nakahara (1916-1983). Prominent Japanese illustrator of early Shōwa period. Trailblazer of “big eyed art” in Japan. He became well-known throughout Japan for his work of 1920’s Shōjo no Tomo covers. This exhibition will be held at Yayoi Museum(Bunkyō-ku, Tokyo), from September 30th to December 25th. Worth Visiting.

こんなのがあるらしい。行かなきゃ。大正~昭和初期の挿絵は、好きなジャンルのひとつです。

Junichi Nakahara





Yoshimi OHTANI @DESIGN-FESTA vol.34

Yoshimi OHTANI’s booth at DESIGN-FESTA vol.34. Various high-quality products were showcased and sold. Especially her new art book “funarium Illustration Book 2” was excellent!! I loved its chartaceous and printed color that set off her works. It reminded me of a new impression of her amazing works. For more of Yoshimi’s work, click HERE.

オオタニヨシミのブース。デザインフェスタVol34にて。他のブースに較べ、プロダクトの種類もクオリティも大変充実していた。とくに画集”funarium Illustration Book 2″は秀逸。過去の作品を集めたものだったが、紙質が上質のせいか素晴らしい刷り色で仕上がっていて、あらためて彼女の作品の素晴らしさを認識させられた。

Yoshimi OHTANI

Copyright © Yoshimi OHTANI All Rights Reserved.

Yoshimi OHTANI

Copyright © Yoshimi OHTANI All Rights Reserved.

Yoshimi OHTANI

Copyright © Yoshimi OHTANI All Rights Reserved.





RATAKO @DESIGN-FESTA vol.34

Japanese clay figure artist, Ratako’s works at DESIGN-FESTA vol.34. I like their colors, and simple and honest expressions.

クレイフィギュア作家”らたこ”さんの作品。デザインフェスタVol34にて。私が見ていた間にも、何人もの人たちが”カワイイ”と言っては立ち止まり、写真を撮ったりしてました。実物のカワイさは下記の写真の比ではありません。

RATAKO

Copyright © Ratako/Holman studio All Rights Reserved.

RATAKO

Copyright © Ratako/Holman studio All Rights Reserved.





10 / 20« first...89101112...20...last »