Steinlen, La tournée du Chat Noir avec Rodolphe Salis

表参道交差点すぐ近くの「ブラッセリー トゥール(Brasserie TOURS)」。たまにランチを食べに行くけど、スタンラン(テオフィル・アレクサンドル・スタンラン、Théophile Alexandre Steinlen、1859 – 1923)が壁に掛かっていることは今まで気づかなかった。これはスタンランの作品の中でも有名な「黒猫(ルドルフ・サリの黒猫の巡業)」。かつてパリに存在し、芸術家のたまり場だったというキャバレー「黒猫(Le Chat Noir、ル・シャ・ノワール)」のポスターだ。普段からアール・ヌーヴォーが大好きというわけではないけど、お店の雰囲気にもぴったりだったので思わず撮影してしまいました。ちなみにこのレストラン、味はまあ普通だけど雰囲気は好きです。窓側の席から青山通りを眺めていると、時間が経つのも忘れてリラックスできます。

Steinlen

黒猫(ルドルフ・サリの黒猫の巡業) by Steinlen
Musee de l'Affiche - Paris
Copyright by SPADEM

TOURS

ブラッセリー トゥール(Brasserie TOURS)





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です