DENKI-MIRAI Art Blog : Ray Caesar

Ray Caesar

Ray Caesar, a digital artist, lives in Canada. “I was born in London, England on October 26 1958, the youngest of four and much to my parent’s surprise, I was born a dog. This unfortunate turn of events was soon accepted within my family and was never again mentioned in the presence of polite company. … I live in a brick house with my wonderful wife Jane and a coyote called Bonnie. I like eating avocados and I don’t really mind being a dog. (Quoted from Ray Caesar’s biography)”. Is he a dog? I don’t mind it at all. I love his art, especially his works that look like revealing to us about forbidden games that might have been hidden in the dark side of the Victorian Age.

レイ・シーザー。イギリス生まれ、カナダ在住のデジタル・アーティスト。
『1958年10月26日、ロンドン。四人兄弟の末っ子として誕生した私が両親をもっとも驚かせたのは、イヌとして生まれてきたことだった。だがその不運な出来事はほどなく家族に受け入れられ、その後、上流社会の人々の前では決して語られることがなかった。(長いので中略)。私は今、妻のジェーンとコヨーテのボニーと共に煉瓦造りの家に暮らし、アボカドを食べるのが好きだ。犬であることはまったくもって気にならない。』という長文のバイオグラフィーに象徴されるように、彼の作品は一種独特の計算された狂気を装っているように思う。油絵のように見えるが、実は3Dソフトの「Maya」をメインに使っているというところも意表を付かれた感じだ。個人的には、ヴィクトリア朝の影の部分を彼独自のイマジネーションで膨らませて描いていると思える秘密遊戯的な作品が好きだ。また、彼の経歴の中で意外なのは、1999年に、「トータルリコール2070」というTVシリーズで、エミー賞の「卓越したスペシャルエフェクト部門」にノミネートされていること。1998年から2001年まで、GVFXトロントというビジュアル・エフェクツ会社にシニア・アニメーターとして在籍していたというから、そのときに番組制作に参加していたと言うことだろう。ちなみに「トータルリコール2070」というTVシリーズは、フィリップ・キンドレド・ディックの小説をもとにして映画化された「トータルリコール(1990)」にインスパイアされ、同「ブレードランナー(1982)」のビジュアル・スタイルに強い影響を受けて作られたものらしい。

SelfExamination

SELF EXAMINATION (2012)
Copyright © Ray Caesar/Gallery House All Rights Reserved.

Fly_Trap_Study

FLY TRAP STUDY (2005)
Copyright © Ray Caesar/Gallery House All Rights Reserved.

FrenchKiss

FRENCH KISS (2009)
Copyright © Ray Caesar/Gallery House All Rights Reserved.

SISTERS (2005)

SISTERS (2005)
Copyright © Ray Caesar/Gallery House All Rights Reserved.

FromSuchFoulnessOfRootDoesSweetnessGrow

FROM SUCH FOULNESS OF ROOT DOES SWEETNESS GROW (2009)
Copyright © Ray Caesar/Gallery House All Rights Reserved.