Soyoko Shikama’s new works

Soyoko Shikama’s new works for Sakura Exhibition 2012.

鹿間そよ子さんの新作。Sakura Exhibition 2012への出展作品です。

okuri-okurare-hajimeno-hi

okuri, okurare, hajimeno-hi
Copyright © Soyoko Shikama All Rights Reserved.

musubi-musubare-katateni-akashi

musubi, musubare, katateni-akashi
Copyright © Soyoko Shikama All Rights Reserved.





“Bijinga” by OHGUSHI

As you may know, the term “Bijinga” was coined in the Edo period to refer to the paintings of beautiful woman in the ukiyo-e genre. Kitagawa Utamaro is one of the most well-known Bijinga artists. Yumeji Takehisa is also known and described as Bijinga artists in Taisho period. And today, OHGUSHI, Japanese contemporary artist, has achieved bringing “Bijinga” back to life with Sumi ink and Japanese brushes. Please enjoy his stunning work from series called “Bijinga”.

OHGUSHIさん。百貨店やファッションブランドの広告ビジュアルで活躍しているアーティスト。伊勢丹やLANVIN COLLECTIONの広告でご存知のかたも多いはず。海外での注目度も非常に高く、いまや日本を代表するイラストレーターのひとりと言ってもいい人です。ここにご紹介するのは、OHGUSHIさんのウェブに掲載されている作品のうち、「美人画 Bijinga」というシリーズから6点。筆と墨で描くという彼の特徴がよく現われているので選んでみました。どうですかこの洗練された筆づかい! ため息が出てしまいますねー。一筆で描かれたと思われる線の勢いからは、相当な集中力と真剣勝負の緊張感を感じます。武道にも通じる精神ですね。モダンな作品にもかかわらず日本的な感性を感じさせてしまうのは、そういうところかもしれません。だからこそ彼の作品は海外で高く評価されるのでしょう。脈絡がないけど、小中学校の授業で、習字だけじゃなくて水墨画とかも教えるようになったら日本のアートも変わってくるのだろうか?とか考えてしまいました。

OHGUSHI

Copyright © OHGUSHI All Rights Reserved.

OHGUSHI

Copyright © OHGUSHI All Rights Reserved.

OHGUSHI

Copyright © OHGUSHI All Rights Reserved.

OHGUSHI

Copyright © OHGUSHI All Rights Reserved.

OHGUSHI

Copyright © OHGUSHI All Rights Reserved.

OHGUSHI

Copyright © OHGUSHI All Rights Reserved.





Kei Hirokawa

Kei Hirokawa, born in Hyōgo Prefecture in 1896, graduated in oil painting course from Tama Art University in 2009, and graduated from graduate school of Tokyo University of The Arts in 2011. Luminous images projected onto lightless space. That’s so fantastic!

廣川惠乙さん。1986年兵庫県生まれ。2009年多摩美術大学絵画学科油画専攻卒業。2011年東京芸術大学大学院修了。ほぼモノクロで描かれたこの幻想的な作品シリーズには、ひと目見て惹きつけられてしまいました。白寄りの部分を露出オーバー気味に描いているのがすごく面白いです。ネオンカラーでもないのに発光しているように見えます。真っ暗な空間に投影された「発光する心象風景」という感じ。素晴らしい個性だと思います。ちなみにここにご紹介した作品は油絵ではなくペン画だそうです。『黒インク、黒ペン、鉛筆、色鉛筆、水彩が、材料となっております。海中の夢想だけは、黒インク、黒ペン、鉛筆だけを使っております』とのご連絡をいただきました。お忙しいなかありがとうございました。まだウェブでしか拝見したことがないので、いつか実物を拝見したいと思います。

Kei Hirokawa

海中の夢想, Kaichu no Musō
Black ink, black ink pen, black pencils on watercolor paper
Copyright © Kei Hirokawa All Rights Reserved.

Kei Hirokawa

森林の夢想, Shinrin no Musō
Black ink, black ink pen, black pencils, color pencils, water color on watercolor paper
Copyright © Kei Hirokawa All Rights Reserved.

Kei Hirokawa

対話, Taiwa
Black ink, black ink pen, black pencils, color pencils, water color on watercolor paper
Copyright © Kei Hirokawa All Rights Reserved.

Kei Hirokawa

流るる星, Nagaruru Hoshi
Black ink, black ink pen, black pencils, color pencils, water color on watercolor paper
Copyright © Kei Hirokawa All Rights Reserved.

Kei Hirokawa

SCENE
Black ink, black ink pen, black pencils, color pencils, water color on watercolor paper
Copyright © Kei Hirokawa All Rights Reserved.





Soyoko Shikama will also be exhibiting at COMITIA100 tomorrow

Soyoko Shikama will also be exhibiting at COMITIA100 tomorrow (Tokyo Big Sight, May 5th, Sunday, 11:00-16:00).

鹿間そよ子さんも、明日5/5、東京ビックサイトで開催される「COMITIA100」に出展するそうです。スペースNo「ふ29a」、サークル名「ss_sakura」。ファンのかたはお見逃しなく。

ShkamaSoyoko

Copyright © Shkama Soyoko All Rights Reserved.





KATOKEN will be exhibiting at COMITIA100

KATOKEN’s new work. He will be exhibiting at COMITIA100 at Tokyo Big Sight on May 5th, Sunday, 11:00-16:00.

KATOKENの新イラスト集「SEED」の表紙です。KATOKENは東京ビックサイトで開催される「COMITIA100 (5/5、土曜日)」に出展するそうです。このイラスト集もそこで販売されます。ファンのかたは見逃さないように。

KATOKEN

SEED
Copyright © KATOKEN All Rights Reserved.





AMAF2012, Animation and Manga Art Festival in France

AMAF executive committee, organized mostly by current students at Keio University, is planning to hold “AMAF2012” in September this year. AMAF stands for Animation and Manga Art Festival in France. Its goal is to develop and promote cultural exchange programs, focusing Anime and Manga, between the students of Japan and France.

慶應義塾大学の学生を中心に組織されているAMAF実行委員会が、今年9月に「AMAF2012」というイベントを企てている。AMAFとは 「Animation and Manga Art Festival in France」の略で、アニメーションとマンガを通じた日仏学生の文化交流を目的とした芸術祭だそうだ。詳しい日時、場所はまだ決まっていないようだが、「日本の学生によるアニメーション作品の上映会と、日仏学生100名による大規模なマンガの合同展覧会/コンペティション」を予定しているらしい。現在まだ出展者を募集中で、「専門学校または大学に在籍している学生が制作した、アニメーション・マンガのオリジナル作品」を募集している。作品の提出締切は6月30日だ。出展概要などはAMAFのウェブサイトに掲載されている。興味のあるかたは下記バナーからどうぞ!

AMAF

AMAFサイトはこちらから





Yuuiti Miyakawa

Yuuiti Miyakawa. Japanese illustrator, born in Tokyo in 1978. After graduating from Kuwasawa Design School in 1999, and Setsu Mode Seminar in 2001, he started his freelance career in 2002. Works you can see below are from his series of work titled “Half‐Japanese, Half‐Western”. He has several other series of work focusing modern male, samurai male for example, but I think his style is characterized by drawing of sophisticated Asian women. A slender woman dressed in kimono and the kimono is swinging in the wind like a scene out of a Chinese movie. That best describes his unique personality. I love that!

宮川雄一さん。1978年、東京生まれ。1999年、桑沢デザイン研究所リビングデザイン科ビジュアルデザイン専攻卒業。2001年、セツ・モードセミナー美術科卒業。2002年からフリーランスのイラストレーターとして活動中。ここにご紹介するのは、数ある彼の作品から 「和洋折衷作品」というシリーズに分類されているもの。このほかにもいくつものシリーズがあり、なかには現代男性やサムライをモチーフにしたものもあるけれど、ここにご紹介するような「女性と着物」を描いた作品が、彼の個性を一番引き出しているように思う。スラリと手足の長い美しい女性が和服を着ていて、その着物が中国映画のワンシーンのように風になびいているようすは、宮川さん独自のユニークな美の世界だと思うし、そこが好きだ。

 

Yuuiti Miyakawa

Yuuiti Miyakawa

Yuuiti Miyakawa

Yuuiti Miyakawa

Yuuiti Miyakawa





Brenda Stumpf

写真家、ブレンダ・スタンプ(Brenda Stumpf)。カリフォルニア州立大学ロングビーチ校を2000年に卒業。美術学士を取得。実は彼女は、ロス・アンジェルスにあるPrime8 Interactiveという会社のオーナー社長。同社で10年以上にわたり自らクリエイティブ・ディレクターを務め、ターナー・ブロードキャスティング、ナムコ・ジャパン、H&Rブロック、エリザベスアーデンといった一流クライアントとのプロジェクトでその能力を発揮している。現在もその仕事を続けているが、写真への興味から、フォトグラファーとしての活動も展開中。ここにご紹介するのは、「UNDERWATER」というシリーズの作品。文字通り、水中で撮影された写真だ。ブレンダの話では「水中でもゆったりと楽にしていられるモデルにめぐり合えるか。それが、いい写真を撮れるかどうかに大きく影響する」そうだ。なにしろ、息継ぎのタイミングや浮力の問題、安全性、水中でのポージングなど、通常の撮影にはない困難がいくつもある。だが、出来上がった写真はご覧のとおり、現実なのか、幻想なのか、分からなくなってしまうような不思議な世界だ。こういう手法を行っているのは彼女だけではないが、面白い試みだと思う。

Brenda Stumpf

Copyright © Brenda Stumpf All Rights Reserved.

Brenda Stumpf

Copyright © Brenda Stumpf All Rights Reserved.

Brenda Stumpf

Copyright © Brenda Stumpf All Rights Reserved.

Brenda Stumpf

Copyright © Brenda Stumpf All Rights Reserved.

Brenda Stumpf

Copyright © Brenda Stumpf All Rights Reserved.

Brenda Stumpf

Copyright © Brenda Stumpf All Rights Reserved.

Brenda Stumpf

Copyright © Brenda Stumpf All Rights Reserved.

Brenda Stumpf

Copyright © Brenda Stumpf All Rights Reserved.

Brenda Stumpf

Copyright © Brenda Stumpf All Rights Reserved.

Brenda Stumpf

Copyright © Brenda Stumpf All Rights Reserved.





Cecilia Carlstedt

ファッションイラストレーターCecilia Carlstedt。1977年、スウェーデンの首都ストックホルム生まれ。ストックホルム大学に通い始めてからアートに興味を持ち始め、ロンドン・カレッジ・オブ・コミュニケーションでグラフィックデザインとイラストレーションの学士号を取る。その間、交換留学生としてニューヨーク州立ファッション工科大学にも在籍した。2003年に卒業後イラストレーターとして本格的に活動を始め、これまでにH&M、La Perla、Swarovski、Paul Smith、Victoria Secret、Victoria Beckham、Martini Gold、Elle、Vogue India、Vouge Japan、Vouge UK、New York Times、W magazine、SAAB、MTV、Marie Claireなど、そうそうたるメジャーブランドの仕事を行っている。輝かしいキャリアといえるだろう。仕事での彼女の作品は「ファッションイラスト」のジャンルに入るものだが、ご覧のとおり、アートとデザインの間でうまいバランスを取っているのが特徴だ。予断だが、こんなに忙しそうな人なのにメールの戻りが早い。仕事ができる人は、そういうところもちゃんとしているんだなーと思いました。

Cecilia Carlstedt

Copyright © Cecilia Carlstedt All Rights Reserved.

Cecilia Carlstedt

Copyright © Cecilia Carlstedt All Rights Reserved.

Cecilia Carlstedt

Copyright © Cecilia Carlstedt All Rights Reserved.

Cecilia Carlstedt

Copyright © Cecilia Carlstedt All Rights Reserved.

Cecilia Carlstedt

Copyright © Cecilia Carlstedt All Rights Reserved.

Cecilia Carlstedt

Copyright © Cecilia Carlstedt All Rights Reserved.

Cecilia Carlstedt

Copyright © Cecilia Carlstedt All Rights Reserved.

Cecilia Carlstedt

Copyright © Cecilia Carlstedt All Rights Reserved.





Sandra Suy

スペインのファッションイラストレーターSandra Suy。1977年生まれ。ご主人と二人の子供とグレイハウンドと一緒に、バルセロナに暮らしている。バルセロナのアート&クラフツ・スクール「La Llotja」でファッションデザインを学んだ彼女だったが、自分が一番好きなことは、「人物、特に美しいドレスをまとった女性を描くこと」だった。そこで、それらを両立することの出来る職業、「ファッションイラストレーター」を志すようになったそうだ。彼女の作品は、The Economist(イギリス)を皮切りに、Lamono(スペイン)、H(スペイン)、Glamour(アメリカ)、Allure(日本)、So Chic(フランス) などの有名誌や、Chew、N.E.E.T. などのオンラインマガジンで目にすることができる。ここにご紹介する作品はほんの一部だが、ご覧のとおり美しい女性ばかり。ファッションイラストレーターの描く女性は美しいのが当たり前だが、それにしてもSandraの描く女性は、品があって、知性も感じられて、しかもキレイだ。

SandraSuy

Copyright © Sandra Suy All Rights Reserved.

SandraSuy

Copyright © Sandra Suy All Rights Reserved.

SandraSuy

Copyright © Sandra Suy All Rights Reserved.

SandraSuy

Copyright © Sandra Suy All Rights Reserved.

SandraSuy

Copyright © Sandra Suy All Rights Reserved.

SandraSuy

Copyright © Sandra Suy All Rights Reserved.

SandraSuy

Copyright © Sandra Suy All Rights Reserved.

 

SandraSuy

Copyright © Sandra Suy All Rights Reserved.





1 / 212