Peggy Nille

ペギー・ニール(Peggy Nille)。フランスのイラストレーター。1972年、パリ郊外サルトゥルービル(Sartrouville)の生まれ。エコール・エスティエンヌ・パリ(École Estienne Paris)でグラフィックデザインを学び、エコール・デ・ボザール(École des Beaux-Arts Paris)で絵画を学ぶ。広告制作とWebデザインの代理店に6年間勤務後、1985年にフリーランスのイラストレーターとして独立。ペギーの作品は、Éditions Nathan、Éditions Hatier、Mila éditions、Éditions Litoなどから出版されている子供向け書籍に使用されているほか、雑貨ブランド 「ラ・マレル・エディション(La Marelle Editions)」 の製品にも多数採用されている。ちなみにラ・マレル・エディションは、ヨーロッパ系アーティストの作品をプリントしたプロダクツで知られているフランスのブランドだ。バッグ、アクセサリー、食器、ステーショナリーなど製品のバリエーションも多く、どのプロダクツも日本人には真似のできないフランスならではのセンスと色合いが特徴。ペギーだけでなく、リムーン(Limoon)、ニコレッタ・チェッコリ(Nicoletta Ceccoli)、アドリー・デイ(Adolie Day)、ビー・クリステル(B.Kristell)、シルビア・ポルテラ(Silvia Portella)など、私が大好きなアーティストたちも多数採用されているので、以前から注目しているブランドだ。日本にも輸入されているはずだが、ちまたで見かけないのが残念。ペギーの作品をもっと見てみたい人はこちらへ。あとfacebookページもやっているので、興味あるかたはどうぞ。

Peggy Nille

Copyright © Peggy Nille All Rights Reserved.

 

Peggy Nille

Copyright © Peggy Nille All Rights Reserved.

 

Peggy Nille

Copyright © Peggy Nille All Rights Reserved.

 

Peggy Nille

Copyright © Peggy Nille All Rights Reserved.

 

Peggy Nille

Copyright © Peggy Nille All Rights Reserved.





Mari Katogi

Mari Katogi, Japanese illustrator, Tokyo resident. She started her freelance career in 2005. Her works have appeared in books, magazines, advertising, websites, and have used on various products such as greeting cards, t-shirts and bags. For further information about her, please visit HERE.

加藤木麻莉さん。先日、ベルコモンズ裏のギャラリーDAZZLEで開催されていた『イラストレーターズ通信展2012/冊子「イラ通」vol.11選抜展』で、みごと大賞を受賞されてました。おめでとうございます。加藤木さんのオリジナル作品をじかに見たのは初めてだったのですが、すごく惹きつけられるものがありました。加藤木さんの絵は、描かれている人物が女性も男性もすごくキレイで好感を持てるのと、洋服を着たウサギさんなどシュールな要素もあったりするのに、全体のトーンには暗さがなくて、むしろ普通にキレイなイラストレーションに仕上がっているのが面白い個性だと思います。あと、色の使い方の強弱が抜群です。加藤木さんの作品をもっと見てみたい人はこちらへ。

Katogi Mari

Copyright © Katogi Mari All Rights Reserved.

Katogi Mari

Copyright © Katogi Mari All Rights Reserved.

Katogi Mari

Copyright © Katogi Mari All Rights Reserved.

Katogi Mari

Copyright © Katogi Mari All Rights Reserved.

Katogi Mari

Copyright © Katogi Mari All Rights Reserved.

Katogi Mari

Copyright © Katogi Mari All Rights Reserved.





Mayuko Ogura

Mayuko Ogura. Born in Kanagawa prefecture in 1981, currently lives in Tokyo. Lyrical watercolor paintings. They look like scenes from a movie.

小倉マユコ。1981年、神奈川県生まれ、東京都在住。サントリー株式会社で商品企画を担当しながら東京デザイン専門学校でグラフィックデザインを学び、独立後さらに同校のイラストレーションコースも修了したという努力家。ペーターズギャラリーで作品を拝見。透明水彩の淡い色彩で描き出す叙情的で情景的な作品は、確かなデッサン力と整理された構成力に裏打ちされていて、一度見ただけで深く心に残る。単なるイラストレーターの枠におさまらない不思議な力を持った作家さんだと思う。しかし、彼女の作品を見ていると大正ロマンの挿絵作品を思い起こしてしまうのはどうしてだろう。当時の挿絵画家がそうだったように、小倉さんの作品が現代女性のライフスタイルにまで影響を与えられるようになったら素晴らしいと思う。期待してます。

Mayuko Ogura

Copyright © Mayuko Ogura All Rights Reserved.

Mayuko Ogura

Copyright © Mayuko Ogura All Rights Reserved.

Mayuko Ogura

Copyright © Mayuko Ogura All Rights Reserved.





Soyoko Shikama’s new work “Goshin Junkō”

Soyoko Shikama’s new work titled “Goshin Junkō”. It’s an illustration for year of the Dragon. The God who preside over the Wu Xing (the Five Phases) is traveling all over the world attended by the Dragon who is the God of water. Soyoko drew this picture in the hope of being guarded by the power of Gods this year, thinking of the disaster we experienced 3.11 last year.

鹿間そよ子の新作 “御神巡行”。 『辰年用のイラスト。五行を司る者(人物の方)が、水神である龍を従えて世界を巡っている図です。大きな天災がありましたので森羅万象の神がセカイを見守ってくれますようにの願いを込めて。(鹿間そよ子)』。

Soyoko Shikama

Copyright © Soyoko Shikama All Rights Reserved.

SSoyoko Shikama

Copyright © Soyoko Shikama All Rights Reserved.